FX取引を行う中で必ず出てくるFX用語の中で基礎のものをピックアップして詳しく解説

FXの基礎中の基礎用語
FXの基礎中の基礎用語メニュー
「レバレッジ」って何?
「レバレッジ」とは「てこを使う」という意味があります。小さい力で大きな荷物を持ち上げるアレですね。
FXにおける「レバレッジ」とは、少ない資金で大きな資金を動かすことができるシステムのことで、株における信用取引のように、自分の資金を保証金として、それより大きな金額を取引する事ができます。
また、自分の資金に対して実際に動かす資金の倍率を表す時もレバレッジという言葉を使います。
例えば、10万円の資金を証拠金に、1ドル100円のとき1万ドルを取引すると、レバレッジは10倍となります。

レバレッジを使う事で、少ない資金でも大きな利益を上げる事ができます。上の例で言えば、1ドルが101円になれば1万円の利益になりますね。レバレッジを使わないで取引していれば1000円しか利益が出ていなかったわけで、レバレッジが10倍なら利益も10倍となるわけです。
しかし損失が出た場合も10倍となります。上の例なら、1ドルが99円になれば1万円の損失です。レバレッジを使わなければ1000円の損失で済んだんですが…

一応、証拠金以上の損失が出ないようにする「ロスカット」という安全装置があるんですが、自分がどれだけ損失に耐えられるかわからないFX初心者の方は、まずはレバレッジ2~4倍くらいで取引を始めるのがいいでしょう。

>次は「スワップポイント」についてを知ろう